ArCS 北極域研究推進プロジェクト

成果発表リスト

成果発表リスト
国際共同研究推進:テーマ8

北極域データアーカイブシステム

平成27年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成28年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり

Sueyoshi, T., K. Saito, S. Miyazaki, J. Mori, T. Ise, H. Arakida, R. Suzuki, A. Sato, Y. Iijima, H.Yabuki, H. Ikawa, T. Ohta, A. Kotani, T. Hajima, H. Sato, T. Yamazaki, and A. Sugimoto, 2016. The GRENE-TEA model intercomparison project (GTMIP) Stage 1 forcing data set. Earth Syst. Sci. Data, 8, 1-14, 2016, www.earth-syst-sci-data.net/8/1/2016/, doi:10.5194/essd-8-1-2016

Anna K. Liljedahl, J. Boike, R. P. Daanen, A. N. Fedorov, G. V. Frost, G. Grosse, L. D.Hinzman, Y. Iijma, J. C. Jorgenson, N. Matveyeva, M. Necsoiu, M. K. Raynolds, V. E.Romanovsky, J. Schulla, K. D. Tape, D. A. Walker, C. J. Wilson, H. Yabuki, D. Zona, Pan-Arctic ice-wedge degradation in warming permafrost and its influence on tundra hydrology. Nature Geoscience 9, doi:10.1038/ngeo2674, 2016.

査読なし
特になし
学会発表

矢吹 裕伯杉村 剛, 照井 健志, データセンターの長期安定的維持の戦略 -北極域データアーカイブのケース-,2015年9月13-16日, 雪氷研究大会(2015・松本),松本.

照井 健志, 杉村 剛, 矢吹 裕伯, 衛星データの準リアルタイム可視化を行うWebサービスの開発, 2015年9月26日-30日,日本海洋学会秋季大会, 愛媛.

Hironori Yabuki, Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, Arctic Data archive System (ADS), 27-29 October 2015, 2nd Polar Data Forum, Canada.

Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, Hironori Yabuki, Data Sharing using Online Data Visualization Tool "VISION" on ADS, 27-29 October 2015, 2nd Polar Data Forum, Canada.

アウトリーチ、出版物、取材等

矢吹裕伯, 杉村剛, 照井健志,北極の今-ADSブース出展,2015年9月13日,雪氷楽会in松本,松本

矢吹裕伯, 杉村剛, 照井健志, ADSブース出展, 2015年9月13-16日, 雪氷研究大会, 松本

矢吹裕伯, 杉村剛, 照井健志, ADSブース出展, 2015年11月6日, 特別セミナー「北極海航路の持続的実現に向けて」, 品川

矢吹裕伯, 照井健志, 杉村剛, ADSブース出展, 2015年11月9日, 海洋生態系シンポジウム「ここまで分かった海洋生態系の変化」, 品川

その他
特になし
平成28年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成29年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり
特になし
査読なし
特になし
学会発表

矢吹 裕伯, 杉村 剛, 照井 健志, 2016年5月26日. 北極域データアーカイブの新たな展開, JpGU2016, 幕張

照井 健志、井上 康、三好 三美、兒玉 裕二, 2016年5月22-26日 researchmapを用いた学術コミュニティの運用 北極環境研究コンソーシアムにおける事例, JpGU2016, 幕張

照井 健志杉村 剛矢吹 裕伯, 2016年5月26日. 極域におけるデータ可視化Webサービスのアクセス解析, JpGU2016, 幕張

照井 健志, 2016年8月22-23日世界最北の国際共同研究村、ニーオルスン基地の現状, セキュリティワークショップ2016, 兵庫

矢吹 裕伯, 杉村 剛, 照井 健志, 2016年10月1日. オープンサイエンスにおける北極域データアーカイブ(ADS)の戦略-国立極地研究所のケース, 雪氷研究大会2016, 名古屋

照井 健志, 2016年9月11-15日. 海洋学におけるデータ関連セッションの動向, 日本海洋学会秋季大会, 鹿児島

Hironori Yabuki, Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, 2016年12月2日 Future development and challenges on Arctic Data archive System(ADS), 極域科学シンポジウム, 立川

照井 健志杉村 剛矢吹 裕伯, 2016年12月2日. 北極域データアーカイブシステムにおける基盤システムの運用, 極域科学シンポジウム, 立川

T. Sugimura, T. Terui, H. Yabuki, H. Yamaguchi, 2016年12月2日. Development of the online Arctic route search system, 第7回極域科学シンポジウム, 立川

T. Sugimura, T. Nakanowatari, J. Inoue, H. Yamaguchi, T. Terui, H. Yabuki, 2017年2月20-22日. Development of Arctic Route Search System, 第32回北方圏国際シンポジウム、紋別

T. Nakanowatari, J. Inoue, K. Sato, H. Yabuki, T. Sugimura, N. Otsuka, 2017年2月20-22日. Reproducibility of the summertime Arctic sea ice conditions in TOPAZ4, 第32回北方圏国際シンポジウム、紋別

T. Nakanowatari, J. Inoue, K. Sato, T. Sugimura, H. Yabuki, N. Otsuka, 27-29 March 2017. Evaluation of the summertime Arctic sea ice conditions in TOPAZ4, Polar Prediction Workshop 2017、Bremerhaven.

アウトリーチ、出版物、取材等

矢吹 裕伯杉村 剛照井 健志, 2016年5月22-26日、ADSブース出展、JpGU2016、幕張

杉村 剛照井 健志矢吹 裕伯, 2016年10月2日、北極GO、雪氷楽会in 名古屋, 名古屋

矢吹 裕伯、2016年10月15日、シベリアの凍土(温暖化って大変!?)、サイエンスカフェ、国立極地研究所、立川

照井 健志杉村 剛矢吹 裕伯, 2016年11月27日、ADSブース出展、大学共同利用機関シンポジウム 研究者に会いに行こう!、秋葉原

矢吹裕伯杉村 剛照井健志, 2016年1月10日. 北極域データアーカイブ、サイエンスリポート02、情報システム研究機構

矢吹裕伯杉村 剛照井健志, 2016年3月10日. 北東ユーラシアの凍土の調査、サイエンスリポート05、情報システム研究機構

矢吹裕伯杉村 剛照井健志, 2017年3月17日. 北極域データアーカイブデモンストレーション、第2回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー

その他

照井 健志杉村 剛矢吹 裕伯 2016年6月27日. 船舶搭載型支援航行システムの開発、北極海航路に関する合同セミナー「GRENE北極からArCSへ 北極海航路の今 そして異分野連携による新たな研究へ」、ArCSテーマ1、7合同セミナー、東京

杉村 剛照井 健志矢吹 裕伯 2016年6月27日. 北極海航路探査システムの開発、北極海航路に関する合同セミナー「GRENE北極からArCSへ 北極海航路の今 そして異分野連携による新たな研究へ」、ArCSテーマ1、7合同セミナー、東京

矢吹 裕伯 2016年11月1日. 北極域データアーカイブ(ADS)の開発と今後の課題、一般社団法人エンジニアリング協会 氷海技術研究講演会、東京

矢吹裕伯杉村剛照井健志, 2017年3月17日. 北極海航路への北極域データアーカイブシステム(ADS)の貢献、第2回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー

平成29年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成30年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり

南山 泰之, 照井 健志, 村山 泰啓, 矢吹 裕伯, 山地 一禎, 金尾 政紀, データジャーナル『Polar Data Journal』創刊の取り組み:極域科学データの新たな公開体制構築に向けて, 情報管理Vol. 60 (2017) No. 3 p. 147-156

査読なし

特になし

学会発表

Hironori Yabuki, April 21, 2017, ADS's contribution to GEO, 2nd GEO Data Providers Workshop, Firenze.

Hironori Yabuki, Takeshi Terui, Takeshi Sugimura, May 23, 2017, Arctic Data archive System (ADS), Jpgu2017, Chiba.

照井健志杉村 剛矢吹裕伯,2017年5月21日,北極域データアーカイブシステム(ADS)におけるソーシャルメディアの活用,JpGU2017,千葉

Terui Takeshi, Takeshi Sugimura, Amene Fujiwara, Shigeto Nishino, Hironori Yabuki, May 20, 2017, IoT based visualization service of AMSR2 and GPV in the Arctic Ocean during R/V Mirai cruise MR16-06., Jpgu2017, Chiba.

Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, Hironori Yabuki, Hajime Yamaguchi, May 20, 2017, Development of Arctic Route Search System on ADS., Jpgu2017, Chiba.

南山泰之,照井健志,門倉 昭,金尾政紀,矢吹裕伯,山路 一禎,2017年5月23日,国立極地研究所によるPolar Data Journalの創刊.,JpGU2017,千葉

Hironori Yabuki, Jun. 7, 2017, Data Management of Japanese Arctic Research, and Arctic Sea Routes Search System., ‘Past, Present, and Future of the Arctic and Antarctic’ JSPS Japan-Norway Symposium @ Bergen 2017, Bergen

矢吹裕伯杉村 剛照井健志,2017年9月27日,極域データマネージメント,雪氷研究大会(2017・十日町),十日町

杉村 剛照井健志矢吹裕伯,2017年9月27日,ADSにおける衛星データ可視化・解析Webアプリケーションの開発による学際的共同研究への貢献,雪氷研究大会(2017・十日町),十日町

中野渡拓也, 猪上淳, 佐藤和敏, Laurent Bertino, Jiping Zhang, 松枝未遠,山上晃央, 杉村剛矢吹裕伯,大塚夏彦,2017年10月16日,東シベリア海の海氷短期予測における総観スケール大気擾乱の重要性.,日本海洋学会 2017年度秋季大会、宮城

中野渡拓也, 猪上淳, 佐藤和敏, Laurent Bertino, Jiping Zhang, 松枝未遠,山上晃央, 杉村剛矢吹裕伯,大塚夏彦,2017年10月30日,東シベリア海の海氷短期予測における総観スケール大気擾乱の重要性.,日本気象学会2017年度秋季大会,北海道

矢吹裕伯照井健志杉村 剛,2017年11月21日,極域環境監視モニターVISHOPの運営.日本リモートセンシング学会学術講演会,北海道

Hironori Yabuki, Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, Dec. 5 2017, Outline of the Arctic Data Archive System, International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines, Tachikawa.

Tomokazu Hokada, Kazuyuki Shiraishi, Yoichi Motoyoshi, Yoshikuni Hiroi, Kenji Horie, Masaki Kanao, Hironori Yabuki, Dec. 6, 2017, Antarctic rock sample database: current status and future perspectives., International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines, Tachikawa.

Yasuyuki Minamiyama, Akira Kadokura, Masaki Kanao, Takeshi Terui, Hironori Yabuki, Kazutsuna Yamaji, Dec. 6, 2017, “Polar data Journal”; A new data publishing platform for polar science., International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines, Tachikawa.

Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, Hironori Yabuki, Dec. 7, 2017, Interdisciplinary Online Data Sharing Service on ADS., International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines, Tachikawa.

Takeshi Terui, Yasuyuki Minamiyama, Kazutsuna Yamaji, Dec. 6, 2017, Possibility and prevention of data tampering in the referee process of data journal., International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines, Tachikawa.

Takeshi Sugimura, Takeshi Terui, Hironori Yabuki, Dec. 8, 2017, Interdisciplinary Online Data Sharing Service on ADS., The Eighth Symposium on Polar Science, Tachikawa.

Hironori Yabuki, Takeshi Terui, Takeshi Sugimura, Dec. 8, 2017, Future development on Arctic Data archive System (ADS)., The Eighth Symposium on Polar Science, Tachikawa.

Takeshi Terui, Takeshi Sugimura, Yusuke Baba, Hiroyuki Ogihara, June Inoue, Naohiko Hirasawa, Takeshi Tamura, Hideki Motoyama, Gen Hashida, Hironori Yabuki, Dec. 8, 2017, The Challenge of GTS message transmission in JARE 58., The Eighth Symposium on Polar Science, Tachikawa.

アウトリーチ、出版物、取材等

照井健志 2017年5月23日, 極域研究のデータ解析Webアプリケーション, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 出展者ショートセミナー, 千葉

矢吹裕伯, 2017年5月31日,北極域におけるデータ共有とArCSにおける現状と今後の在り方. 北極域推進プロジェクト平成29年度プロジェクト全体会合、フォーカスセッション.横浜

矢吹裕伯 2017年6月26日,~オープンサイエンスを巡る世界の最新動向~極域データ分野, 研究データ利活用協議会(RDUF)公開シンポジウム, 東京

照井健志, 2017年7月20日, オープンサイエンスとデータサイエンス, 北海道大学大学院環境科学院大気海洋物理学・気候力学セミナー, 札幌

照井健志,2017年10月29日,“ITエンジニアとデータサイエンティストが地球科学を救う”、ノーベル賞をめざせ 子ども科学学園、島根

Hironori Yabuki, Takeshi Terui, Takeshi Sugimura, Nov. 14, 2017, GCOM-W/AMSR2 JAXA-NOAA Technical Exchange Meeting, Tokyo

矢吹裕伯照井健志杉村剛,2017年10月31日,研究成果のビジネス化(社会への還元),産業界からの意見集約のための北極域技術研究フォーラム第2回講演会、東京

矢吹裕伯,2017年11月22日,データサイエンス,北極域研究共同推進拠点 平成29年度北極域課題解決人材育成講座、北海道

2017年8月14日、国際機関ウェブにのったよ 海氷面積の予測値、朝日小学生新聞

2017年9月15日、北極海の9月の海氷面積:観測史上初めて5年を超えて最小記録を更新せず、国立極地研究所ホームページ「研究成果」、JAXA EORC ホームページ「地球が見える2017」(JAXAとの共同リリース)

その他

2017年5月20~23日 日本地球惑星科学連合2018年大会ブース出展

2017年8月16,24、29日,9月16日,“氷河の流れを見てみよう”、国立極地研究所南極・北極科学館

2017年9月24日、雪氷楽会 in 十日町ブース出展

2017年10月8日,研究者に会いに行こう!―大学共同利用機関博覧会―大学共同利用機関シンポジウム2017 国立極地研究所展示の中でADSのデモ出展

平成30年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成31年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり

Nakanowatari, T., Inoue, J., Sato, K., Bertino, L., Xie, J., Matsueda, M., Yamagami, A., Sugimura, T., Yabuki, H., and Otsuka, N.: Medium-range predictability of early summer sea ice thickness distribution in the East Siberian Sea based on the TOPAZ4 ice–ocean data assimilation system, The Cryosphere, 12, 2005-2020, https://doi.org/10.5194/tc-12-2005-2018, 2018.

矢吹裕伯 : 北極における地球環境研究とそのデータの取り扱い,パテント,72,40-50,2019.

査読なし

特になし

学会発表

杉村剛, 矢吹裕伯, 2018年10月5日, “北極域データアーカイブシステム(ADS)”, 極域のオープンデータ・オープンサイエンスに関する研究集会, 立川

矢吹裕伯, 杉村剛, 照井健志, 2018年, “極域データマネージメントと Polar Data Journal”, 雪氷研究大会2018, 誌上開催

杉村剛, 照井健志, 山口一, 矢吹裕伯, 2018年, “北極海最適航路探索システムの開発”, 雪氷研究大会2018, 誌上開催

照井健志, 杉村剛, 矢吹裕伯, 2018年9月25日-2018年9月29日, “船舶航行支援システムVENUSの運用と課題”, 日本海洋学会2018年度秋季大会, 品川.

Hironori Yabuki, 29 Oct., 2018, “Arctic Data archiving system/contribution to GEO”, GEO Cold Regions Initiatives GEO Week 2018 side event, Kyoto.

Hironori Yabuki, 12-15 Nov., 2018, “Arctic Data archive System (ADS)”, International Workshop on Data Science – Present & Future of Open Data & Open Science -, Mishima.

矢吹裕伯,2018年11月22日,データマネージメント,北極域研究共同推進拠点 平成30年度北極域課題解決人材育成講座、東京.

Hironori Yabuki, S Hagiwara, T Terui, T. Sugimura, 6 Dec., 2018, “Arctic GIS on ADS”, The Ninth Symposium on Polar Science, Tachikawa.

アウトリーチ、出版物、取材等

杉村 剛,2017年度公益社団法人日本雪氷学会関東・中部・西日本支部 支部賞(活動賞)受賞講演,“寒冷圏監視衛星データ利用の推進”, 2018年5月17日, JAMSTEC東京事務所

2018年9月25日、北極海の海氷面積が9月21日に2018年の最小値を記録 ~減少スピードは停滞、回復時期は遅延~、国立極地研究所ホームページ「研究成果」、JAXA EORC ホームページ「地球が見える2018」(JAXAとの共同リリース)
NIPR: https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20180925.html
JAXA:https://www.eorc.jaxa.jp/earthview/2018/tp180925.html

2018年6月28日、北極海航路上の海氷厚分布を高精度に予測できる時間スケールを特定~北極低気圧の予測精度に大きく依存~, 国立極地研究所, https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20180628.html

その他

杉村 剛,2017年度公益社団法人日本雪氷学会関東・中部・西日本支部 支部賞(活動賞)受賞

2018年5月20~24日 日本地球惑星科学連合2018年大会ブース出展

2018年10月13日,研究者に会いに行こう!―大学共同利用機関博覧会―大学共同利用機関シンポジウム2018 国立極地研究所展示の中でADSのデモ出展

2018年10月30日~11月1日:GEO Week 2018 Exhibition 極地研ブース出展協力