ArCS 北極域研究推進プロジェクト

成果発表リスト

成果発表リスト
国際共同研究推進:テーマ2

グリーンランドにおける氷床・氷河・海洋・環境変動

平成27年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成28年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり

T. Homma, H. Mima, M. Nanko, M. Takeda, Dispersion of nanoscale oxides in MnSi1.73fabricated by solid state reaction and pulsed electric current sintering, Applied Physics Letters, 108, 103901, 2016.

M. Nakada, J. Okuno, Y. Yokoyama, Total meltwater volume since the Last Glacial Maximum and viscosity structure of Earth's mantle inferred from relative sea level changes at Barbados and Bonaparte Gulf and GIA-induced J2 dot. Gephysical Journal International, 204, 1237-1253, 2016.

R. Greve and H. Blatter, Comparison of thermodynamics solvers in the polythermal ice sheet model SICOPOLIS, Polar Science, 10, 11-23, 2016.

F. SaitoA. Abe-Ouchi, K. Takahashi, H. Blatter, SeaRISE experiment revisited: sources of spread in multi-model projections of the Greenland ice-sheet. The Cryosphere, 10, 43-63, 2016.

T. Homma, Y. Matayoshi, R. Voskoboinikov, Application of the Bons-Azuma method and determination of grain growth mechanism in rolled Ti-Zr alloys, Philosophical Magazine Letters, 95 (12) 564-573, 2015.

H. Astrid Kjær, R.Dallmayr, J. Gabrieli, K. Goto-Azuma, M. Hirabayashi, A. Svensson, P.  Vallelonga, Greenland ice cores constrain glacial atmospheric fluxes of phosphorous, Journal of Geophysical Research, DOI: 10.1002/2015JD023559, 2015.

A. J. Orsi, K. Kawamura, J. M. Fegyveresi, M. A. Headly, R. B. Alley, J. P. Severinghaus, Differentiating bubble-free layers from melt layers in ice cores using noble gases, Journal of Glaciology, 2016 (Accepted).

Abe, T., Furuya, M., and Sakakibara, D., 2015. Brief Communication: Twelve-year cyclic surging episode at Donjek Glacier in Yukon, Canada. Cryosphere Discuss., 9, 5943-5955. doi:10.5194/tcd-9-5943-2015. (published)

Greve, R., and Blatter, H., 2015. Comparison of thermodynamics solvers in the polythermal ice sheet model SICOPOLIS. Polar Science, 10(1), 11-23. (published)

Iizuka, Y.Matoba, S., Yamasaki, T., Oyabu, I., Kadota, M., and Aoki, T., 2016. Glaciological and meteorological observations at the SE-Dome site, southeastern Greenland Ice Sheet. Bulletin of Glaciological Research, 34, 1-10. (published)

Matoba, S., Motoyama, H., Fujita, K., Yamasaki, T., Minowa, M., Onuma, Y., Komuro, Y., Aoki, T., Yamaguchi, S., Sugiyama, S., and Enomoto, H., 2015. Glaciological and meteorological observations at the SIGMA-D site, northwestern Greenland Ice Sheet, Bulletin of Glaciological Research, 33, 7-14. (published)

Oyabu, I., Matoba, S., Yamasaki, T., Kadota, M., and Iizuka, Y., 2016. Seasonal variations in the major chemical species of snow at the South East Dome in Greenland. Polar Science, 10(1), 36-42. (published)

Podolskiy, E., Sugiyama, S., Funk, M., Genco, R., Tsutaki, S., Walter, F., Minowa, M., Ripepe, M. 2016. Tide-modulated ice flow variations drive seismicity near the calving front of Bowdoin Glacier, Greenland. Geophysical Research Letters, 43, doi:10.1002/2016GL067743. (published)

Machguth, H. and 30 others including Sugiyama, S., Greenland surface mass balance observations from the ice sheet ablation area and local glaciers. submitted to Journal of Glaciology.(submitted)

Ohashi, Y., Iida, T., Sugiyama, S., Aoki, S., Spatial and temporal variations in high turbidity surface water off the Thule region, northwestern Greenland. submitted to Polar Science.(submitted)

Saito, J., Sugiyama, S., Tsutaki, S., and Sawagaki, T., 2015. Surface elevation change on ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland. submitted to Polar Science.(submitted)

Tsutaki, S., Sugiyama, S., Sakakibara, D., and Sawagaki, T., Surface elevation changes from 2007-2013 near the termini of Bowdoin and Tugto Glaciers, northwestern Greenland. submitted to Journal of Glaciology.(submitted)

査読なし
特になし
学会発表

R. Greve, A simple anisotropic flow law for polar ice based on anisotropic, scalar flow enhancement, International workshop on Greenland ice sheet mass loss andits impact on global climate change, 北海道大学低温科学研究所, 札幌市, 2016年3月22日~3月24日

K. Goto-Azuma, K. Kawamura, S. Fujita, J. Okuno, A. Abe-Ouchi, R. Greve, F. Saito, T. Homma, N. Azuma, H. Motoyama, H. Enomoto, D. Dahl-Jensen, Japanese participation in the new international deep ice core project in Greenland (EGRIP)under the ArCS project, 2015年 11 月 16日~2015年 11 月19日, The Sixth Symposium on Polar Science,日本, 東京都立川市

R. Greve and H. Blatter, Comparison of thermodynamics solvers in the polythermal ice sheet model SICOPOLIS, 2015年 11 月 16日~2015年 11 月19日, TheSixth Symposium on Polar Science, 日本, 東京都立川市

東久美子, 川村賢二, 藤田秀二, 奥野淳一, 本山秀明, 阿部彩子, グレーベ・ラルフ, Dorthe Dahl-Jensen, 榎本浩之,東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)による氷床・気候変動の研究、2015年 9月13日~9月16日、 日本雪氷学会 雪氷研究大会(2015-松本), 信州大学理学部

高田守昌, 平林幹啓, 東久美子, Remi Dallmayr, 東信彦, イオンクロマトグラフを用いた氷床コア試料の連続融解分析装置の開発IV, 2015年 9月13日~9月16日, 日本雪氷学会 雪氷研究大会(2015-松本), 信州大学理学部

繁山航, 永塚尚子, 本間智之, 高田守昌, 東久美子, R.V. Mateiu, 東信彦, 電子線後方散乱回折法を用いた氷の結晶方位に向けた技術開発, 2015年9月13日~9月16日、日本雪氷学会 雪氷研究大会(2015-松本)、信州大学理学部.

東久美子, 川村賢二, 藤田秀二, 奥野淳一, 本山秀明, 阿部彩子, グレーベ・ラルフ, 齋藤冬樹, 本間智之, 東信彦, 榎本浩之, DortheDahl-Jensen, 東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)による気候・氷床変動の研究、第7 回 大気・雪氷・海洋間の物質循環と極域への物質輸送に関する研究小集会、2015年9月28日~29日、国立極地研究所

W. Shigeyama, N. Nagatsuka, T. Homma, M. Takata, K. Goto-Azuma, I. Waikusat, M.R. Drury, E.J. Kuiper, G. Pennock, N. Azuma, Measurement of misorientation in ice crystals by using electron backscatter diffraction (EBSD), 2015年11月16日~11月19日, The Sixth Symposium onPolar Science, 日本, 東京都立川市.

R. Dallmayr, K. Goto-Azuma, K. Kawamura, M. Hirabayashi, V. Gkinis, K. Kitamura, Y Ogawa-Tsukagawa, K. Hayashi, A. Tsushima, J. Ogata, HighResolution Continuous Flow Analysis System developed at the Ice Core Research Center, National Institute of Polar Research 2015年2015年11月16日~11月19日, TheSixth Symposium on Polar Science,日本, 東京都立川市.

K. Goto-Azuma, R. Dallmayr, S. Fujita, M. Hirabayashi, K. Kawamura, H. Motoyama, Development of ice-core analysis techniquesat the Ice Core Research Center, National Institute of Polar Research, 2015年2015年11月16日~11月19日, The Sixth Symposium on Polar Science, 日本, 東京都立川市.

R. Shiba, K. Nota, M. Takata, N. Azuma, K. Goto-Azuma, Development of melting device for firn core samples, 2015年2015年11月16日~11月19日,The Sixth Symposium on Polar Science, 日本, 東京都立川市.

K. Goto-Azuma, K. Kawamura, S. Fujita, J. Okuno, A. Abe-Ouchi, R. Greve, F. Saito, T. Homma, N. Azuma, H. Motoyama, H. Enomoto, D. Dahl-Jensen, Japanese participation in the new international deep ice core project in Greenland (EGRIP)under the ArCS project, 2015年11月16日~11月19日, The Sixth Symposium on Polar Science, 日本, 東京都立川市.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, T. Tanikawa, M. Hori, R. Shimada, H. Ishimoto, K. Stamnes , W. Li, N. Chen, S. Matoba, S. Yamaguchi, K. Masuda,and M. Schneebeli, 2015. Darkening of Greenland ice sheet and satellite-derived snow parameters, 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月16-19日, 立川市, 国立極地研究所.

Katayama, N., Tsutaki, S., Sakakibara, D., Sugiyama, S., and Sawagaki, T., Elevation change of calving glaciers in northwestern Greenland analyzedby satellite data. 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

Katayama, N., Tsutaki, S., Sakakibara, D., Sugiyama, S., and Sawagaki, T., Elevation change of calving glaciers in northwestern Greenland analyzedby satellite data. 低温科学研究所国際シンポジウム, 2015年12月1日, 札幌, 北海道大学低温科学研究所.

紺屋恵子, 斉藤潤, 杉山慎, Application of a distributed surface mass balance model to ice caps in northwestern Greenland. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会,2016年3月4日, 立川市, 国立極地研究所.

松村義正, 大橋良彦, 青木茂, 杉山慎, グリーンランド氷河融解水を起源とする高濁度水プルームのモデリング. 2016年度日本海洋学会春季大会, 2016年3月15日, 東京, 東京大学本郷キャンパス.

松野智, 津滝俊, 榊原大貴, 杉山慎, グリーンランド北西部における氷床から海洋への融解水流出. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

Minowa, M., Sugiyama, S., Sawagaki, T., Tsutaki, S., and Sakakibara. D., Seasonal variations in the dynamics of Bowdoin Glacier, northwestGreenland. 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

Minowa, M., Sugiyama, S., Sawagaki, T., Tsutaki, S., and Sakakibara. D., Seasonal variations in the dynamics of Bowdoin Glacier, northwestGreenland. 低温科学研究所国際シンポジウム, 2015年12月1日, 札幌, 北海道大学低温科学研究所.

箕輪昌紘, 杉山慎, 澤柿教伸, 津滝俊, 榊原大貴, Short-term variations in the dynamics of Bowdoin Glacier in northwestern Greenland. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会,2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

箕輪昌紘, 杉山慎, 大橋良彦, 澤柿教伸, 津滝俊, 榊原大貴, 青木茂, Podolskiy Evgeny, Yvo Weindmann、Water properties and circulation in front of tidewater glaciers innorthwest Greenland. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市,国立国語研究所.

大橋良彦, 飯田高大, 杉山慎, 青木茂, 2015年11月19日. グリーンランド氷床北西部Thule地域沿岸における高濁度海水域の変動. 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

大橋良彦, 飯田高大, 杉山慎, 青木茂, 2016年3月4日. グリーンランド氷床北西部Thule地域沿岸における高濁度海水域の変動. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

Ohashi, Y., Iida, T., Sugiyama, S., and Aoki, S., Temporal variations in the extent of high turbidity ocean water off the Greenland coast.International workshop on "Greenland ice sheet mass loss and its impact on global climate change", 2016年3月24日, 札幌, 北海道大学低温科学研究所.

Podolskiy, E., Sugiyama, S., Funk, M., Genco, R., Minowa, M., Walter, F., Tsutaki, S., and Ripepe, M., Investigating calving front dynamics with alocal seismic infrasound network (Bowdoin glacier, Greenland). 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

Podolskiy, E., Sugiyama, S., Funk, M., Genco, R., Minowa, M., Walter, F., Tsutaki, S., and Ripepe, M., Tide-modulated seismicity in the BowdoinGlacier calving front, northwestern Greenland. 低温科学研究所国際シンポジウム, 2015年12月1日, 札幌, 北海道大学低温科学研究所.

Podolskiy, E., Sugiyama, S., Funk, M., Genco, R., Minowa, M., Walter, F., Tsutaki, S., and Ripepe, M., Seismic emissions from a tide-water calvingglacier (Bowdoin glacier, Greenland). GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

榊原大貴, 杉山慎, Ice front and flow speed variations of marine terminating outlet glaciers along the coast of Prudhoe Land, northwestern Greenland.第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

榊原大貴, 杉山慎, グリーンランド北西部における溢流氷河の末端位置と流動速度の季節変化. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

Seddik, H., Greve, R., Sugiyama, S., Sakakibara, D., and Tsutaki, S., Modeling the flow dynamics of Bowdoin Glacier, Qaanaaq region,northwestern Greenland. 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

Sugiyama, S., S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, M. Maruyama, N. Katayama, E. Podolskiy, M. Minowa, T. Sawagaki, M. Funk, R. Genco,H. Enomoto. Ice mass loss in northwestern Greenland -Results of the GRENE Greenland project and overview of the ArCS Greenland project-. 第6回極域科学シンポジウム,2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

Sugiyama, S., S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, M. Maruyama, N. Katayama, E. Podolskiy, M. Minowa, S. Matoba, T. Sawagaki, M.Funk, R. Genco. Ice mass loss in northwestern Greenland. 低温科学研究所国際シンポジウム, 2015年12月1日, 札幌, 北海道大学低温科学研究所.

杉山慎, 津滝俊, 榊原大貴, 斉藤潤, 大橋良彦, 丸山未妃呂, 片山直紀, エヴゲニ・ポドルスキ, 箕輪昌紘,松野智, 澤柿教伸, 的場澄人, マーティン・フンク, リカルド・ゲンコ, 榎本浩之. グリーンランド北西部における近年の氷質量損失-GRENEグリーンランドプロジェクトの成果とArCSプロジェクトへの展望-. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

Tsutaki, S., Maruyama, M., Sugiyama, S., Sakakibara, D., and Sawagaki, T., Field observations of surface mass balance, ice velocity and icetemperature on Qaanaaq ice cap, northwestern Greenland. 第6回極域科学シンポジウム, 2015年11月19日, 立川市, 国立極地研究所.

Tsutaki, S., Maruyama, M., Sugiyama, S., Sakakibara, D., and Sawagaki, T., Field observations of surface mass balance, ice velocity and icetemperature on Qaanaaq ice cap, northwestern Greenland. 低温科学研究所国際シンポジウム, 2015年12月1日, 札幌, 北海道大学低温科学研究所.

Tsutaki, S., Bjørk, A., and Sugiyama, S., Surface elevation change of outlet glaciers in northwestern Greenland for 1985-2010. 2015 AGU FallMeeting, 2015年12月14日, Moscone Center, San Francisco, USA.

津滝俊, 杉山慎, 片山直紀, 榊原大貴, 澤柿教伸, グリーンランド北西部における溢流氷河の質量収支. GRENE北極気候変動研究事業, 研究成果報告会, 2016年3月4日, 立川市, 国立国語研究所.

アウトリーチ、出版物、取材等
アウトリーチ

杉山慎, GRENE北極気候変動研究事業/北極域研究推進プロジェクト, 公開講演会『北極温暖化の実態と影響 ―何がわかったか、これから何をするのか―』, 2016年3月5日, コクヨホール.

Evgeny Podolskiy, 杉山慎, Martin Funk, Riccardo Genco, 津滝俊, Fabian Walter, 箕輪昌紘, Maurizio Ripepe,プレスリリース『グリーンランドで海洋の潮汐によって発生する氷河地震を発見』, 2016年3月17日.

出版物

東久美子, グリーンランドのアイスコアから分ること, 「北極読本」, 南極OB会編集委員会編, 成山堂書店, 2015年10月刊行.

的場澄人, グリーンランドの都市、カナック-グリーンランド人の心のふるさと, 小澤実, 中丸禎子,高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 62-65, 2016年.

的場澄人, 世界遺産①・イルリサット・アイスフィヨルド, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 66-68, 2016年.

的場澄人, 地球温暖化とグリーンランド氷床 - 日本におけるグリーンランド氷床観測, 小澤実,中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 419-422, 2016年.

的場澄人, 山崎哲秀, 極地フィールド研究者と犬ぞり北極探検家のフィールドノート, 月刊「地理」,古今書院, 47-51, 2015年9月.

高橋美野梨, グリーンランドの都市-ヌークとカナック, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 59-62, 2016年.

高橋美野梨, イヌイット環極北会議-北方先住民の権利と利益を守るために, 小澤実、中丸禎子、高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 116-120, 2016年.

高橋美野梨, グリーンランドの政治・政党-自治のゆくえ, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 127-131, 2016年.

高橋美野梨, 気候変動とグリーンランドの産業-資源をめぐる動向, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 132-137, 2016年.

高橋美野梨, EUとアイスランド-非加盟を貫くという選択, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 163-167, 2016年.

高橋美野梨, EUとグリーンランド-加盟、地外化を経て構築される新しい関係, 小澤実, 中丸禎子,高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 168-171, 2016年.

高橋美野梨, 国際捕鯨委員会と先住民生存捕鯨-制度と現実の相反, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 172-177, 2016年.

高橋美野梨, シリウス・パトロール-グリーンランド沿岸犬ぞり警備隊の70年, 小澤実, 中丸禎子,高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 178-183, 2016年.

高橋美野梨, 生活の中のメディア-アイスランドとグリーンランド, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 213-216, 2016年.

高橋美野梨, グリーンランドのサッカー-人々を熱狂させるスポーツ, 小澤実, 中丸禎子, 高橋美野梨編,「アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章」, 明石書店, 273-276, 2016年.

杉山慎, 表紙写真でめぐる旅「グリーンランド イルリサット氷河から流れ出た氷山」, 地理・地図資料(2015年度3学期号), 帝国書院, 2016年1月

新聞取材
杉山慎, 「海の温暖化」が解かす氷河, 読売新聞, 2016年2月14日.
その他
特になし
平成28年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成29年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり

Abe, T., M. Furuya, D. Sakakibara, 2016. Brief Communication: Twelve-year cyclic surging episode at Donjek Glacier in Yukon, Canada, The Cryosphere, 10, 1427-1432. doi:10.5194/tc-10-1427-2016.

Dallmayr, R., K. Goto-Azuma, H. Astrid Kjær, N. Azuma, M. Takata, S. Schüpbach and M. Hirabayashi, A High-Resolution Continuous Flow Analysis System for Polar Ice Cores, Bulletin of Glaciological Research, 11-20, doi: 10.5331/bgr.16R03, 2016.

Iizuka, Y., A. Miyamoto, A. Hori, S. Matoba, R. Furukawa, T. Saito, S. Fujita, M. Hirabayashi, S. Yamaguchi, K. Fujita, N. Takeuchi, 2016. A firn densification process in the high accumulation dome of southeastern Greenland, Arctic, Antarctic, and Alpine Research (in press).

Jouvet, G., Y. Weidmann, J. Seguinot, M. Funk, T. Abe, D. Sakakibara, H. Seddik, S. Sugiyama, 2017. Initiation of a major calving event on Bowdoin Glacier captured by UAV photogrammetry. The Cryosphere, 11, 911-921. doi:10.5194/tc-11-911-2017.

Machguth, H., H.H. Thomsen, A. Weidick, A.P. Ahlstrøm, J. Abermann, M.L. Andersen, S.B. Andersen, A.A. Bjørk, J.E. Box, R.J. Braithwaite, C.E. Bøggild, M. Citterio, P. Clement, W. Colgan, R.S. Fausto, K. Gleie, S. Gubler, B. Hasholt, B. Hynek, N.T. Knudsen, S.H. Larsen, S.H. Mernild, J. Oerlemans, H. Oerter, O.B. Olesen, C.J.P.P. Smeets, K. Steffen, M. Stober, S. Sugiyama, D. van As, M.R. Van den Broeke, R.S.W. Van de Wal, 2016. Greenland surface mass-balance observations from the ice-sheet ablation area and local glaciers. Journal of Glaciology, 62(235), 861–887. doi:10.1017/jog.2016.75. (submitted)

Nagatsuka, N., Takeuchi, N., Uetake, J., Shimada, R., Onuma, Y., Tanaka, S. and Nakano, T. Variations in Sr and Nd Isotopic Ratios of Mineral Particles in Cryoconite in Western Greenland, Front. Earth Sci., 4, 93, doi: 10.3389/feart.2016.00093, 2016.

Ohashi, Y., T. Iida, S. Sugiyama, S. Aoki, 2016. Spatial and temporal variations in high turbidity surface water off the Thule region, northwestern Greenland. Polar Sci., 10(3), 270-277. doi: 10.1016/j.polar.2016.07.003. (submitted)

Podolskiy, E.A., F. Walter, 2016. Cryoseismology. Reviews of Geophysics, 54, doi: 10.1002/2016RG000526.

Saito, J., S. Sugiyama, S. Tsutaki, T. Sawagaki, 2016. Surface elevation change on ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland. Polar Sci., 10(3), 239–248. doi:10.1016/j.polar.2016.05.002. (submitted)

Spolaor, A., P. Vallelonga, C. Turetta, N. Maffezzoli, G. Cozzi, J. Gabrieli, C. Barbante, K. Goto-Azuma, A. Saiz-Lopez, C. Cuevas, D. Dahl-Jensen, Canadian Arctic sea ice reconstructed from bromine in the Greenland NEEM ice core. Scientific Reports, 6:33925 | DOI: 10.1038/srep339, 2016.

Tsutaki, S., S. Sugiyama, D. Sakakibara, T. Sawagaki, 2016. Surface elevation changes during 2007–13 on Bowdoin and Tugto Glaciers, northwestern Greenland. Journal of Glaciology, 62(236), 1083–1092. doi:10.1017/jog.2016.106. (submitted)

Tsutaki, S., S. Sugiyama, D. Sakakibara, T. Aoki, M. Niwano, 2017. Surface mass balance, ice velocity and near-surface ice temperature on Qaanaaq Ice Cap, northwestern Greenland. Annals of Glaciology, in press.

Uetake, J., S.Tanaka, T. Segawa, N.Takeuchi, N. Nagatsuka, H. Motoyama, T. Aoki. Microbial community variation in cryoconite granules on Qaanaaq Glacier, NW Greenland, FEMS microbiology ecology, 92 (9), 1-10, 2016.

Usman, M., M. Furuya, 2016. Inter-annual modulation of seasonal glacial velocity changes in the Eastern Karakorum detected by ALOS-1/2 data, Remote Sens. Environ. (submitted).

査読なし

Greve, R., R. Calov, U. C. Herzfeld, 2017. Projecting the response of the Greenland ice sheet to future climate change with the ice sheet model SICOPOL, 低温科学(75), 117-129.

Hashimoto, A., M. Niwano, T. Aoki, S. Tsutaki, S. Sugiyama, T. Yamasaki, Y. Iizuka and S. Matoba, 2017. Numerical Weather Prediction System based on JMA-NHM for Field Observation Campaigns on the Greenland Ice Sheet, 低温科学(75), 91-104.

Hayashi, N., 2017. The human dimension of climate change research in Greenland: Towards a new form of knowledge generation, 低温科学(75), 131-140.

Podolskiy, E. A. 2016. Arctic Frontiers: Four things to know about Arctic politics, business, and science, 北極環境研究コンソーシアムニュースレター, 4 (July 2016), 10-12.

Podolskiy, E. A., R. Genco, S. Sugiyama, F. Walter, M. Funk, M. Minowa, S. Tsutaki, M. Ripepe, 2017. Seismic and infrasound monitoring of Bowdoin Glacier, Greenland, 低温科学(75) 15-36.

Sugiyama, S., S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, N. Katayama, E. Podolskiy, S. Matoba, M. Funk, R. Genco, 2017. Recent ice mass loss in northwestern Greenland ―Results of the GRENE Greenland project and overview of the ArCS―, 低温科学(75) 1-13.

飯塚芳徳的場澄人藤田秀二,新堀邦夫,山崎哲秀,宮本淳,堀彰,斉藤健,古川崚仁,杉山慎青木輝夫, 2017. グリーンランド南東ドームにおける浅層掘削と初期物理解析, 低温科学(75), 45-52.

松村義正,大橋良彦,青木茂杉山慎, 2017. 氷河融解水を起源とする高濁度水プルームの数値モデリング, 低温科学(75), 77-84.

的場澄人,山口悟,對馬あかね,青木輝夫杉山慎, 2017. グリーンランド氷床北西部沿岸部における表面質量収支の変動, 低温科学(75), 37-44.

学会発表

Abe, T., M. Furuya, D. Sakakibara, 12 December 2016. Recent Surge on Steele Glacier in Yukon, Canada, revealed by multi-satellite images. AGU Fall Meeting, San Francisco, USA.

Dethloff, K. and 55 others, including D. Nomura, 20 April 2016. Multidisciplinary drifting Observatory for the Study of Arctic Climate (MOSAiC). European Geosciences Union General Assembly 2016, Vienna, Austria.

Fransson A., M. Chierici, P. Assmy, P. Dodd, A. Meyer, M. A. Granskog, D. Nomura, A. Rösel, M. Fernández-Méndez, A. Silyakova, H. Steen, 3-6 May 2016. Winter-to-spring evolution of Arctic Ocean acidification state in under-ice water and effect of sea-ice dynamics during N-ICE2015 ice drift project. 4th International Symposium on the Ocean in a High-CO2 World, Hobart, Tasmania, Australia.

Fransson A., M. Chierici, D. Nomura, M. A. Granskog, S. Kristiansen, T. Martma, G. Nehke, 28 June 2016. Wintertime sea-ice chemistry and influence of glacial freshwater discharge during two contrasting years in a Spitsbergen fjord. Goldschmidt 2016, Yokohama, Japan.

Furuya, M., T. Suzuki, D. Derauw, 12 December 2016. A step-by-step recipe of band-splitting technique for isolation of ionospheric signal in L-band InSAR data. AGU Fall Meeting, San Francisco, USA.

Fujita, S., Y. Iizuka, S. Matoba, A. Miyamoto, T. Saito, 2016年11月29日, Evolution processes of the firn structure in polar ice sheets based on analyses of dielectric anisotropy - latest results of analyses for Greenland SE core as a central topic -, The Seventh Symposium on Polar Science, Tokyo.

Goto-Azuma, K., Y. Ogawa-Tsukagawa, Y. Kondo, R. Dallmayr, M. Hirabayashi, J. Ogata, K. Kitamura, K. Kawamura, H. Motoyama, S. Matoba, M. Kadota, T. Aoki, N. M., S. Ohata, T. Mori, M. Koike, Y. Komuro, A. Tsushima, N. Nagatsuka, 2016年12月2日, Variations of back carbon and dust in Greenland during the past 350 years, The Seventh Symposium on Polar Science, 東京.

Goto-Azuma, K., Japanese science plans for EGRIP, 2017年3月8日-9日国立極地研究所共同研究集会「グリーンランド氷床の変動と気候・環境変動の関わりに関する研究集会」, 東京.

Granskog M.A., P. Assmy, P. Duarte, M. Fernández-Méndez, A. Fransson, H. Kauko, L.M. Olsen, M. Chierici, D. Nomura, C. J. Munday H. Steen, 28 June 2016. Observations of Arctic sea ice and ocean biogeochemistry in the new thinner ice era: the N-ICE2015 drift ice expedition. Goldschmidt2016, Yokohama, Japan.

Jouvet, G., T. Abe, M. Funk, J. Seguinot, S. Sugiyama, Y. Weidmann, 17–22 April 2016. Initiation of a major calving event captured by high-resolution UAV photogrammetry. European Geosciences Union General Assembly 2016, Vienna, Austria

Kanna, N., S. Sugiyama, Y. Ohashi, D. Sakakibara, B. Nishizawa, I. Asaji, Y. Fukamachi, 23-25 January 2017. Turbid meltwater discharge and its impact on phytoplankton growth in the fjord of Bowdoin Glacier in northwest Greenland. Workshop on the Dynamics and Mass Budget of Arctic Glaciers & the IASC Network on Arctic Glaciology Annual Meeting, Bethel, Maine, USA.

Konuma, Y., M. Furuya, 12 December 2016. Glacier velocity Changes at Novaya Zemlya revealed by ALOS1 and ALOS2. AGU Fall Meeting, San Francisco, USA.

Kanna, N., S. Sugiyama, Y. Ohashi, D. Sakakibara, B. Nishizawa, I. Asaji, Y. Fukamachi, 2 December 2016. Turbid water and chlorophyll a distributions near the interface of the ocean and a tidewater glacier in northwest Greenland. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Kanna, N., 11-13 October 2016. Ocean observations at the ice-ocean interface of the marine-terminating glacier in the northwest Greenland. International Russian-Japanese conference of young polar scientists, Moscow, Russia.

Kanna, N., 18-19 October 2016. Ocean observations at the ice-ocean interface of the marine-terminating glacier in the northwest Greenland. Finnish-Japanese early career arctic scientists (ECAS) workshop, Helsinki, Finland.

Matoba, S., Y. Iizuka, T. Yamasaki, H. Motoyama, K. Fujita, T. Aoki, S. Sugiyama, 2 December 2016. Shallow ice core drillings on Greenland Ice Sheet - Recent and near future activities by Japanese glaciological research projects -. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Matsumura, Y., Y. Ohashi, S. Aoki, and S. Sugiyama, 10-15 July 2016. Modeling turbid meltwater plume and associated sediment transport. IGS International Symposium on Interactions of Ice Sheets and Glaciers with the Ocean, San Diego, USA.

Matsumura, Y., Y. Ohashi, S. Aoki, S. Sugiyama, 2 December 2016. Modeling subglacial meltwater runoff and associated sediment transport. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Minowa, M., S. Sugiyama, Y. Ohashi, T. Sawagaki, S. Tsutaki, D. Sakakibara, S. Aoki, E.A. Podolskiy, Y. Weidmann, 22-26 May 2016. Water properties and circulation in front of tidewater glaciers in northwest Greenland. 日本地球惑星科学連合2016年大会,千葉.

Minowa, M., S. Sugiyama, Y. Ohashi, T. Sawagaki, S. Tsutaki, D. Sakakibara, S. Aoki, E. Podolskiy and Y. Weidmann, 10-15 July 2016. Water properties and circulation in front of tidewater glaciers in northwest Greenland. IGS International Symposium on Interactions of Ice Sheets and Glaciers with the Ocean, San Diego, USA.

Minowa, M., S. Sugiyama, T. Sawagaki, S. Tsutaki, D. Sakakibara, 17–22 April 2016. Short-term variations in the dynamics of Bowdoin Glacier in northwestern Greenland. European Geosciences Union General Assembly 2016, Vienna, Austria.

Motoyama, H., K. Furusaki, K. Kawamura, T. Sakurai, S. Matoba, K. Shinbori, S. Mori, M. Takata, A. Takahashi, Y. Tanaka, M. Miyahara, A. Kobayashi, Y. Yoshise, 2016年12月1日. Development of next-generation deep ice cor drill system - feedback from JARE57 intermediate drill experience -. The Seventh Synmposium on Polar Science, 東京.

Nishizawa, B., N. Kanna, Y. Ohashi, D. Sakakibara, I. Asaji, S. Sugiyama, Y. Fukamachi, Y. Watanuki, 2 December 2016. Changes in seabird density relative to oceanographic gradients in the glacial fjord in northwestern Greenland. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Nakazawa, K., 2017年3月8日-9日, Snow-pit observation of 2016 at the EGRIP camp, 国立極地研究所共同研究集会「グリーンランド氷床の変動と気候・環境変動の関わりに関する研究集会」, 東京.

Nagatsuka, N., F. Nakazawa, K. Goto-Azuma, D. Dahl-Jensen, H. Enomoto, 東京, 2016年11月29日-12月2日, Field activities in the 2016 season under the East Greenland Ice Core Project (EGRIP), The Seventh Symposium on Polar Science, Tokyo.

Nagatsuka, N., 2017年3月8日-9日, Identification of possible source areas of mineral dust in 2016 EGRIP snow, 国立極地研究所共同研究集会「グリーンランド氷床の変動と気候・環境変動の関わりに関する研究集会」, 東京.

Nomura, D., 3 June 2016. Sea-ice biogeochemistry in the Arctic Ocean. Japan−Norway Arctic Science and Innovation Week 2016,東京.

Nomura D., M. A. Granskog, B. Delille, A. Fransson, A. Silyakova, L. Cohen, M. Chierici, G. S. Dieckmann, S. R. Hudson, K. I. Ohshima, 2 December 2016. CO2 fluxes from younger and thinner Arctic sea ice. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Ohashi, Y., S. Aoki, Y. Matsumura, S. Sugiyama, N. Kanna, D. Sakakibara, Y. Fukamachi, 2 December 2016. Modeling glacial meltwater runoff process in Bowdoin Fjord, northwestern Greenland. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Podolskiy, E. A., S. Sugiyama, M. Funk, F. Walter, J. Seguinot, R. Genco, M. Ripepe, 20 Dec 2016. Step up seismic-infrasound observations at Bowdoin Glacier in 2016, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響, 低温科学研究所,札幌

Podolskiy, E. A., S. Sugiyama, M. Funk, F. Walter, R. Genco, S. Tsutaki, M. Minowa, M. Ripepe, 12-17 February 2017. What can we learn about tidewater glaciers from their seismicity International Symposium on the cryosphere in a changing climate, Rutherford House, Wellington, New Zealand.

Podolskiy, E. A., S. Heimann, D. Schorlemmer, S. Sugiyama, F. Walter, M. Funk, R. Genco, 20-24 February 2017. Glacier: an earthquake laboratory? 10th International Workshop on Statistical Seismology, Te Papa, Wellington, New Zealand

Podolskiy, E.A.,2016年5月21日.グリーンランドにおける氷河地震.北極域研究共同推進拠点・記念シンポジウム「北極域研究の推進:異分野連携による革新的展開」,札幌.

Podolskiy, E.A., S. Sugiyama, M. Funk, R. Genco, M. Minowa, F. Walter, S. Tsutaki, M. Ripepe, 22-26 May 2016. Seismic-infrasound monitoring of a tidewater calving glacier (Bowdoin, Greenland). 日本地球惑星科学連合2016年大会,千葉.

Podolskiy, E.A., S. Sugiyama, M. Funk, F. Walter, R. Genco, S. Tsutaki, M. Minowa, M. Ripepe, 19 April 2016. Tide-modulated seismicity in the vicinity of a calving front (Bowdoin Glacier, Greenland). European Geosciences Union General Assembly 2016, Vienna, Austria.

Sakakibara, D., S. Sugiyama, 22-26 May 2016. Seasonal variations in frontal positions and flow speeds of marine terminating outlet glaciers in northwestern Greenland. 日本地球惑星科学連合2016年大会,千葉.

Sakakibara, D., S. Sugiyama, 30 November 2016. Control on seasonal flow speed variation of marine-terminating outlet glaciers in northwestern Greenland.第7回極域科学シンポジウム,東京.

Saruya, T., K. Nakajima, T. Homma, M. Takata, N. Azuma, K. Goto-Azuma, 2016年12月2日, Effects of solid particles on crystal structures and mechanical properties of polycrystalline ice. The Seventh Synmposium on Polar Science, 東京.

Seguinot, J., M. Funk, C. Ryser, G. Jouvet, A. Bauder, S. Sugiyama, 17–22 April 2016. Ice dynamics of Bowdoin tidewater glacier, Northwest Greenland, from borehole measurements and numerical modelling. European Geosciences Union General Assembly 2016, Vienna, Austria.

Shiba, R., M. Takata, S. Kamimura, N. Azuma, K. Goto-Azuma, 2016年12月2日, Development of melting device for continuous flow analysis of firn core samples -Separation of analysis sample liquid and waste liquid-, The Seventh Symposium on Polar Science, 東京.

Shigeyama, W, N.Nagatsuka, T. Homma, M.Takata, K. Goto-Azuma, I. Weikusat, M. R. Drury, E.-J. Kuiper, G. Pennock, R. V. Mateiu, N. Azuma, 2016年12月2日, Studies on effects of solid particles on texture and deformation of ice, The Seventh Symposium on Polar Science,東京.

Shigeyama, W., Observations of inclusions in the NEEM ice core by optical and scanning electron microscopy, 2017年3月8日-9日, 国立極地研究所共同研究集会「グリーンランド氷床の変動と気候・環境変動の関わりに関する研究集会」, 東京.

Sugiyama S., 3 June 2016. Ice mass loss in northwestern Greenland. Japan−Norway Arctic Science and Innovation Week 2016,東京.

Sugiyama, S., 8 October 2016. The ice sheet/glacier-ocean interaction in Greenland. Arctic Circle Assembly 2016, Reykjavik, Iceland.

Sugiyama, S., K. Goto-Azuma, ArCS Greenland Project members, 2 December 2016. Changes in the ice sheet, glaciers, ocean, climate and environment in Greenland. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Sugiyama, S., S.Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, M. Maruyama, N. Katayama, E. Podolskiy, M. Minowa, S. Matsuno, T. Sawagaki, S. Matoba, M. Funk, R. Genco, H. Enomoto, 16 December 2016. Recent ice mass loss of outlet glaciers and ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland. AGU Fall Meeting, San Francisco, USA.

Sugiyama, S., S. Tsutaki, D. Sakakibara, E. Podolskiy, M. Minowa, Y. Ohashi, M. Funk, G. Jouvet, J. Seguinot, Y. Weidmann, R. Genco, 24 January 2017. Mass loss of outlet glaciers and ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland. Workshop on the Dynamics and Mass Budget of Arctic Glaciers & the IASC Network on Arctic Glaciology Annual Meeting, Bethel, Maine, USA.

Sugiyama, S., 30 March 2017, Cryosphere - Greenland Ice Cap and Baffin Bay, IMBeR, Arctic Continental Margins Workshop, Prague, Czech Republic.

Takahashi, M., 25 May 2016. The Political Science of EU Norms: Aboriginal Subsistence Whaling in Greenland as a Political Battleground. ISISA, Islands of the World XIV. Nissiology and Utopia: back to the roots of Island Studies, Greece.

Tamura T., K. Mizobata, E. Watanabe, M. Sampei, M. Yamamoto, D. Nomura, J. Nishioka, Y. Watanabe, 2 December 2016. Interpretation of both-polar environmental variability through the investigation of sea ice variability. 第7回極域科学シンポジウム,東京.

Usman, M., 古屋正人,2016年10月20日.Inter-annual modulation of summer speed-up at the Eastern Karakorum glaciers detected by ALOS 1/2 data. 日本測地学会,奥州市.

Usman, M., M. Furuya, 12 December 2016. Inter-annual modulation of summer speed-up at the Eastern Karakorum glaciers detected by ALOS 1/2 data. AGU Fall Meeting, San Francisco, USA.

浅地泉,榊原大貴杉山慎,2016年9月29日.グリーンランド北西部Bowdoin氷河における末端位置の変動.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

東久美子, 川村賢二, 藤田秀二, 奥野淳一, 阿部彩子, グレーベ・ラルフ, 齋藤冬樹, 本間智之, 東信彦, 榎本浩之, 本山秀明, Dahl-Jensen Dorthe, 2016年5月25日,北東グリーンランド氷流での国際氷床深層掘削プロジェクトによる気候・氷床変動の研究, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉.

東久美子, 塚川佳美, 近藤豊, ダルマイヤー・レミ, 平林幹啓, 尾形純, 北村亨太郎, 川村賢二, 本山秀明, 的場澄人, 門田萌, 青木輝夫, 茂木信宏, 大畑祥, 森樹大, 小池真, 小室悠紀, 對馬あかね, 永塚尚子, 2016年9月, グリーンランドSIGMA-Dサイトにおける過去350年間のブラックカーボン変動-アイスコア連続融解分析装置による初期結果-, 雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋.

東久美子, EGRIPの2017年活動計画, 2016年12月19日-21日北海道大学低温研共同研究集会 「グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響」, 札幌.

東久美子, 2016年12月19日-21日, SIGMA-Dコアにおけるブラックカーボン及びダストの変動, 北海道大学低温研共同研究集会 「グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響」, 札幌.

阿部隆博,古屋正人,2016年10月20日.山岳氷河の流動速度測定に衛星SAR広域観測モードは有効か? 日本測地学会,奥州市.

阿部隆博,古屋正人,2016年9月29日.アラスカ/ユーコン地域におけるサージ型氷河の動態 -合成開口レーダーによる流動速度マッピング-.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

阿部隆博,古屋正人榊原大貴,2016年9月30日.Steele Glacier における氷河サージに伴う時空間変動.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

阿部 隆博,古屋 正人,2016年5月22日.SARと光学画像によるカナダ・ユーコン地域におけるサージ型氷河の動態.日本地球惑星科学連合2016年大会,千葉.

阿部 隆博,Werder Mauro,Funk Martin,安田 貴俊,古屋 正人, 2016年5月25日.数値氷河水理モデルによる冬期底面環境の探索 -序報-.日本地球惑星科学連合2016年大会,千葉.

阿部隆博,古屋正人,2016.合成開口レーダーで捉えたアラスカ・ユーコン地域におけるサージ型氷河の動態,雪氷,78(6),425-438.

荒井美穂, 川村賢二, 北村享太郎, 東久美子, 尾形純, 2016年12月, 連続融解システムによるアイスコアのメタン分析(性能評価及び初期結果),第7回極域科学シンポジウム, 東京.

宇寿満夢把真人,古屋正人,2016年10月1日.ALOS-1/2 SARデータによるカラコルム山脈東部における氷河ダイナミクス.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

大橋良彦,青木茂杉山慎,飯田高大,2016年9月14日.グリーンランド氷床西部沿岸全域における高濁度海水域の変動.2016年度日本海洋学会秋季大会,鹿児島.

大橋良彦,飯田高大,杉山慎青木茂,2016年3月3日.グリーンランド氷床北西部 Thule 地域沿岸における高濁度海水域の変動.GRENE北極気候変動研究事業研究成果報告会,東京.

大藪幾美, 川村賢二, 北村享太郎, 青木周司, 中澤高清, E. J. Brook, T. Blunier, 2016 年 5 月, グリーンランド NEEM氷床コアから復元された完新世におけるメタン濃度, 日本地球惑星科学連合大会, 千葉.

大藪幾美, 川村賢二, 東久美子, 北村享太郎, 青木周司, 中澤高清, E. J. Brook, T. Blunier, 2016年9月, グリーンランドNEEM氷床コアと南極Dome Fuji氷床コアから復元された完新世のメタン濃度南, 雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋.

小沼義季,古屋正人,2016年9月29日.合成開口レーダーを用いたNovaya Zemlyaにおける氷河流動速度の測定.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

小沼義季,古屋正人, 2016年10月20日.ALOS1/2を用いたNovaya Zemlyaにおける氷河 流動速度の測定.日本測地学会,奥州市.

小室悠紀,鈴木利孝,大沼友貴彦, 箕輪昌紘,山崎哲秀,的場澄人,藤田耕史,平林幹啓本山秀明青木輝夫, 2016年9月, グリーンランド北西部で得たSIGMA-D氷コアの金属全濃度解析, 雪氷研究大会(2016・名古屋).

榊原大貴杉山 慎,2016年9月29日.グリーンランド北西部における海洋性溢流氷河の末端位置と流動速度の季節変化.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

猿谷友孝, 中島甲葵, 本間智之, 高田守昌, 東信彦, 東久美子, 2016年9月29日. 微細粒多結晶氷の塑性変形に及ぼす固体微粒子の影響. 雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋.

繁山 航永塚尚子本間智之高田守昌東 久美子,Ilka Weikusat,I. Weikusat, M. R. Drury, E.-J. Kuiper, G. Pennock, R. V. Mateiu, 東 信彦, 2016年6月, 変形氷の結晶組織解析のための後方散乱電子回折(EBSD), 日本顕微鏡学会 第72回学術講演会, 仙台.

繁山 航永塚尚子本間智之高田守昌東 久美子,Ilka Weikusat,I. Weikusat, M. R. Drury, E.-J. Kuiper, G. Pennock, R. V. Mateiu, 東 信彦, 2016年9月, 後方散乱電子回折(EBSD)の氷への適用における課題と解決策, 日本顕微鏡学会 走査電子顕微鏡分科会 SCAN TECH 2016, 東京.

新保尚敬, 本間智之, 高田守昌, 東久美子, 東信彦, 2016年9月30日, X線小角散乱を用いた人工氷中の超微粒子の定量解析, 雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋.

杉山慎,津滝俊,榊原大貴,斉藤潤,大橋良彦,丸山未妃呂,片山直紀,エヴゲニ・ポドルスキ,箕輪昌紘,松野智,澤柿教伸,的場澄人グレーべ・ラルフ,セディック・ハキム,フンク・マーティン,ゲンコ・リカルド,榎本浩之,2016年9月29日.グリーンランド北西部における近年の氷質量損失— GRENEプロジェクトの成果とArCSプロジェクトへの展望 —.2016年度日本雪氷学会,名古屋.

杉山慎,2016年9月14日.氷河・氷床と海洋・湖の相互作用.2016年度日本海洋学会秋季大会,鹿児島.

高田守昌, 東信彦, 2016年9月30日. 氷のエッチピットを用いた結晶方位の測定 -a軸方位の算出と理論誤差の検討-. 雪氷研究大会(2016・名古屋), 名古屋.

高田守昌, 東信彦, 2016年6月4日. 氷のエッチピットを用いた結晶方位の測定 -a軸方位の算出-. 日本雪氷学会北信越支部大会 研究発表・製品発表検討会, 妙高市.

高橋美野梨,2016年5月21日.グリーンランドの政治構造と環境変化への政策対応.北極域研究共同推進拠点・記念シンポジウム「北極域研究の推進:異分野連携による革新的展開」,札幌.

高橋美野梨,2016年6月28日.グリーンランドの自己決定権:北極域研究推進プロジェクトから.北海道大学公共政策大学院(HOPS)公共政策学研究会,札幌.

高橋美野梨,2016年6月21日.人文社会科学からアプローチする北極:グリーンランドを起点に考える.Digital北海道研究会・定期総会記念講演会「地球の未来のために~北極域研究のナショナルセンターとして」,札幌.

高橋美野梨,2016年12月20日.クジラを歩く:グリーンランドにおける人間=環境関係についての一考察.平成28年度北海道大学低温科学研究所研究集会,札幌.

高橋美野梨,2017年1月28日.地方自治の語られ方:現代ヨーロッパ研究から.ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟/日本島嶼学会,沖縄.

藤田秀二飯塚芳徳的場澄人,宮本淳,斎藤健, 2016年10月1日, 誘電異方性解析からみえた、極域氷床のフィルン構造の発達過程 ~グリーンランドSEコアの最新の解析結果を中心に~,雪氷研究大会(2016・名古屋),名古屋.

藤田秀二, 2016年12月19日-21日, グリーンランドSEコアのフィルンの特性, 北海道大学低温研共同研究集会 「グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響」,札幌.

古屋正人,ドミニク・ドラオ, 2016年10月20日.L-band InSARにおける電離層シグナル抽出のため Split-Band法の手順.日本測地学会,奥州市.

本多俊和,高橋美野梨,2017年1月22日.グリーンランドにおける先住民生存捕鯨.国立民族学博物館平成28年度共同研究「捕鯨と環境倫理」公開研究会,大阪.

田村岳史,溝端浩平,渡邉英嗣,三瓶真,山本正伸,野村大樹西岡純,渡邉豊,2016年5月22-26日.海氷変動を軸とした両極の環境変動の解明.日本地球惑星科学連合2016年大会,千葉.

高橋美野梨,2016年9月3日.北方先住民社会と海獣:グリーンランドを事例に考える.2016年次日本島嶼学会大崎上島大会,広島.

中澤文男永塚尚子東久美子,塚川佳美,2016年9月, 東グリーンランド深層氷床掘削プロジェクト(EGRIP)における2016年の現地観測,雪氷研究大会(2016・名古屋),日本雪氷学会, 名古屋

永塚尚子東久美子本山秀明的場澄人,藤田耕史,山崎哲秀,大沼友貴彦,箕輪昌紘,小室悠紀,青木輝夫平林幹啓,Dallmayr Remi,2016年9月29日, グリーンランド氷床北西部 SIGMA-D アイスコア中の鉱物組成変動,雪氷研究大会,日本雪氷学会,名古屋.

永塚尚子東久美子本山秀明的場澄人,藤田耕史,山崎哲秀,大沼友貴彦,箕輪昌紘,小室悠紀,青木輝夫平林幹啓,Dallmayr Remi,2016年12月2日, グリーンランド氷床北西部 SIGMA-D アイスコア中の鉱物組成変動,極域科学シンポジウム,国立極地研究所,東京.

野村大樹,大木淳之,P. Assmy,今井良輔,2016年9月14日.室内実験による海氷表面でのブロモホルム生成機構の解明.2016年度日本海洋学会秋季大会,鹿児島.

的場澄人,2016年5月21日.グリーンランドの環境変化と地域社会への影響.北極域研究共同推進拠点・記念シンポジウム「北極域研究の推進:異分野連携による革新的展開」,札幌.

アウトリーチ、出版物、取材等
アウトリーチ

東久美子, 2017年1月29日. 『グリーンランドの氷の話』, サイエンスカフェ, 東京.

永塚尚子,2017年2月22日,立川市民交流大学 公開講座「黒く汚れる北極の氷河」,東京.

小澤実,中丸禎子,高橋美野梨,2017年2月21日.『アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章』を振り返る座談会.北欧ネット・セミナー,東京.

野村大樹,2016年8月9日.凍る海の不思議,マリン・カフェ,海の宝マリンブルーフェスタin 札幌.札幌駅前通地下広場札幌駅側イベントスペース.札幌.

Sugiyama, S., E. A. Podolskiy, M. Takahashi, S. Honda et al., 25 July 2016. Workshop on glacier and ocean research activities in Qaanaaq, Forsamlingshuset Qaanaaq, Greenland.

杉山慎,2016年10月2日.グリーンランド氷床 北極最大の氷のかたまりに何が起きているか.雪氷研究大会公開講演会「極地からの緊急報告! 温暖化がすすむ南極とグリーンランドに迫る」,名古屋.

杉山慎,2016年9月26日.氷河氷床 地球の氷に何が起きているのか? 低温科学研究所公開講座「広がる低温の魅力 低温科学の最前線」,札幌.

的場澄人高橋美野梨,そのほか,2016年11月7日.北海道大学サステナビリティウィーク2016/北極グリーンランドをめぐる音楽・冒険・サイエンス:北極の持続可能な未来にむけて.北海道大学総合博物館,札幌.

北海道テレビ、北海道大学サステナビリティウィーク2016/北極グリーンランドをめぐる音楽・冒険・サイエンス:北極の持続可能な未来にむけて.「イチオシ!」(2016.11.9放送)

出版物

vgeny Podolskiy杉山慎,2016.Press Release:グリーンランドで海洋の潮汐によって発生する氷河地震を発見.『低温研ニュース第41号』,低温科学研究所,23.

漢那直也,2016.低バックグラウンド機器中性子放射化分析法を用いた南極アイスコア中の大気由来鉱物ダストの極微量多元素同時分析.『ぶんせき(トピックス)』,日本分析化学会出版.

榊原大貴漢那直也杉山慎,中坪俊一,森章一,齋藤史明,2016.グリーンランドにおける氷河・海洋観測報告,北海道大学低温科学研究所 技術部技術報告,第22号,7-10.

椎野若菜・的場澄人編著,2016.女も男もフィールドへ(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ12),古今書院出版.

杉山慎,2016.Report:国際ワークショップ "Greenland ice sheet mass loss and its impact on global climate change".『低温研ニュース第41号』,低温科学研究所,16–17.

高橋美野梨,2016.政治空間としての海域を歩く:社会科学から見るグリーンランド,北大西洋.『アークトス』,1-4.

高橋美野梨,近刊.北極をめぐる政治.グリーンランドの政治経済.グリーンランドの対外関係.『北欧文化事典』,丸善出版.

的場澄人,2016.地球温暖化に影響を受けるグリーンランド氷床を観測する.北海道立北方民族博物館友の会季刊誌『Arctic Circle』,100,4-9,一般財団法人北方文化振興協会.

その他
特になし