2018年度北極域研究推進プロジェクト公開講演会『北極の環境変化と人々への影響』

2018年度北極域研究推進プロジェクト公開講演会『北極の環境変化と人々への影響』 2018年度北極域研究推進プロジェクト公開講演会『北極の環境変化と人々への影響』

国立極地研究所(所長:中村卓司)が代表機関、海洋研究開発機構(理事長:平朝彦)および北海道大学(総長:名和豊春)が副代表機関を務める北極域研究推進プロジェクト(ArCS)では、2018年11月9日(金)に東京・一ツ橋で公開講演会『北極の環境変化と人々への影響』を開催します。この講演会では、現在の気候変動研究に基づく北極の自然界の物理的変化を紹介するとともに、北極域の持続的発展を可能とする要素が自然環境の変化から受ける影響について論じます。

開催概要

プログラム

※プログラムは都合により変更する場合がありますので、ご了承ください。

司会:室山 哲也(元 日本放送協会解説主幹)

NHKに入局後、「ウルトラアイ」「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」などの科学番組チーフプロデューサー、NHK解説主幹を務める。テクノロジー、生命・脳科学、地球環境問題、宇宙開発など、「人類と科学技術文明」をテーマに論説を行い、子供向け科学番組「科学大好き土よう塾」(教育テレビ)の塾長として科学教育にも尽力。モンテカルロ国際映像祭金獅子賞のほか多数受賞。日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、大正大学客員教授、東京都市大学特別教授としても活躍中。

17:00
開場
17:30
開会
17:00~17:05

プロジェクトディレクターからの趣旨説明

深澤 理郎 プロジェクトディレクター(国立極地研究所 特任教授/海洋研究開発機構 研究審議役)

17:35~17:45
関係者ご挨拶
17:45~19:00

第1部:講演

北極域での観測活動やモデルを使った将来予測などから見えてきた北極の姿を、北極研究の最前線に立つ研究者たちがご紹介します。

17:45~18:10

暖まる大気と大地-北極周辺の気候変動とその影響のつながり

飯島 慈裕(三重大学 准教授/ArCSテーマ47研究協力者)

東シベリアを中心とした北極の気象の変化や、永久凍土の融解、それに対応する人々についてお話しします。

18:10~18:35

近年のグリーンランド氷床表面の暗色化

青木 輝夫(岡山大学 教授/ArCSテーマ23研究協力者)

グリーンランドの氷床氷河を中心に、北極の雪と氷の変化についてお話しします。

18:35~19:00

海氷減少と海洋環境の変化

菊地 隆(海洋研究開発機構 上席技術研究員/ArCSテーマ4実施責任者)

北極海の環境変化、そしてそれを受けて生態系にどのような変化が起こり得るかをお話しします。

19:00~19:15
休憩(15分間)
19:15~20:25

第2部:パネルディスカッション

北極域の環境変化のインパクト

研究から徐々に見えてきた北極の将来の姿を踏まえて、さらに科学は何をなし得るのかを考えます。

モデレーター:
 室山 哲也(元 日本放送協会解説主幹)
パネリスト:
 飯島 慈裕(三重大学 准教授/ArCSテーマ47研究協力者)
 内田 雅己(国立極地研究所 准教授/ArCSテーマ6実施担当者)
 大塚 夏彦(北海道大学 教授/ArCSテーマ7実施担当者)
 近藤 祉秋(北海道大学 助教/ArCSテーマ7実施担当者)
 下田 高明(株式会社ロイヤルグリーンランドジャパン 代表取締役)

20:25~20:30
閉会挨拶
20:30
閉会

参加申込

以下の参加申込フォームより申込みをして下さい。

会場のご案内

一橋講堂
http://www.hit-u.ac.jp/hall/file/menu-016/file_01.pdf

東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A8・A9出口)徒歩4分(東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター2F)

お問い合わせ先

国立極地研究所 国際北極環境研究センター
E-mail:arcs@nipr.ac.jp
TEL:042-512-0915